恐山

青森

恐山のご利益とアクセス、口コミと行ってきた感想を紹介!

更新日:

恐山といえば青森県にある霊場であり、日本三大霊場の一つとしても数えられる有名な場所です。

イタコの口寄せなど不思議な体験ができることもあり、刺激たっぷり。

今回は恐山のご利益やアクセス、口コミなどを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

恐山のご利益

恐山で得られるご利益は以下の通り。

  • 新しい自分への生まれ変わり
  • 死者とコミュニケーションが取れる
  • 若返り、不老長寿、延命

など恐山を訪れると一度死を経験したことになり、新しい自分に生まれ変われるということを知り、これから先を更に充実した人生にしたく訪れることを決めました。

恐山のアクセス

東京からの場合は、東北新幹線で八戸駅まで約2時間50分。

大阪の場合はLCC(Peach)で仙台空港まで約1時間20分。

空港から仙台駅まで約30分、仙台駅から東北新幹線で八戸駅まで約1時間20分。

さらに八戸駅からは青い森鉄道とJR大湊線を野辺地駅で乗り継いで下北駅まで約1時間40分。

下北駅からレンタカーを利用し約30分(バス利用で約50分)で到着します。

恐山には駐車場が有り、無料で4~50台程度は停められます。

恐山に行った人の口コミ

良い口コミ

  • 温泉が湧いており入山料のみで誰でも入浴できる
  • 静かで美しい場所
  • 今までにない景色
  • 宿坊が有り宿泊できる

悪い口コミ

  • 不気味な雰囲気・酸性度が強く長時間の入浴は危険
  • 重苦しい感じがする

役に立つ口コミ

  • 湖畔にある六角堂は心の弱い人が訪れると他人の悲しみの業をもらうので立ち寄らないほうが良い
  • イタコは常におらず、夏の恐山大祭と秋の恐山秋詣りの際に限られる
  • 一人だと怖いので複数人で訪れたほうが良い
  • 匂いと足元に注意をしたほうが良い

スポンサーリンク

恐山に行ってきた感想

関西空港から出発しましたが、まず八戸から先の電車の数が少なく1本逃すとかなりの痛手です。

しかし、下北駅に到着するとすぐそばにレンタカーもあり、駅から恐山までは20~30分程度と遠すぎず良いドライブにもなりました。
 

恐山に到着後は、自分以外の観光客が少しでもいてよかったという印象を受けました。

恐山

恐山自体が有名な霊場ということもあり、観光バスや観光客などが散見できますが人がいないより少しいたほうが安心できる場所です。
 

恐山2

入場すると、正面に恐山菩提寺と地蔵堂が有り、地蔵堂の脇から宇曽利山湖の湖畔“極楽浜”までつながる地獄地帯があります。

恐山3

地獄地帯は非常に広く、またとても不気味な場所でした。

訪れたのは秋だったので、周りの山は紅葉しており非常に綺麗でしたが、地獄地帯では草木が一本も生えておらず、岩や砂がゴロゴロとした場所がひたすら続きます。

 

そこで聞こえてくる音は自分の歩く音、周りの山の葉音、地面から湧き出るガスの音のみ。

そのガスには硫黄が含まれているため、若干鼻をさすような匂いもしました。
 

さらに、石を積み上げ作った山のようなものも無数にあり、ガスが吹き出ていたり、風車がさしていたりするのまでもありました。

恐山4

その風車が風もないのに回転し始めることもあり、不思議なエネルギーを体感することができました。
 

極楽浜に向かうと、白い砂がとてもきれいな砂浜が広がっていました。

恐山5

湖の奥に山がどっしりと構えており、また紅葉もしていたため白い砂浜、湖を含めとても良い景色を見ることができました。
 

極楽浜から入り口まで戻る途中に五智山展望台があり、高台から宇曽利山湖を一望できました。

入り口から写真を撮りながら2時間ほどで一巡りする事ができました。
 

また紅葉の季節などは辺り一帯が山に囲まれているので紅葉を十分に楽しめる良い場所であると同時に、これまで訪れたことのないような何とも言えない不思議な場所である印象を受けました。

恐山にこれから行く人へのアドバイス

八戸以北の在来線は電車の本数が非常に少ないので、時間は必ず調べてください

バスだと何かと不便なことが多いので、恐山に行く際は最寄りの下北駅でレンタカーを借りることをおすすめします

地獄地帯は自然にできた道のようなものはありますが砂利道が主となっていますので、ヒールなどは履かずにスニーカーで行くと移動しやすいと思います

本州の最北端に位置する場所なので、若干気温が低いことを意識して服装を決めると良いです

できるだけ立ち寄らないほうが良い場所もあるので、下調べすることをおすすめします

スポンサーリンク

恐山のうんちく

恐山は死者への供養の場として知られており、人が死ねば魂は恐山に行くと言い伝えにあるほど。

恐山の景観を死後の世界に例えられることも有り、死者に会えるなど数多くの不思議な信仰がある。

イタコもそのひとつで、口寄せにより死霊や精霊、死者の魂などを霊体に乗り移らせてコミュニケーションをとる降霊術である。

しかし、恐山に常駐しているわけではなく、恐山が開山している期間に八戸や青森から恐山に出張しているため、恐山のあるむつ市には住んでいない。

さいごに

恐山に行くと新しい自分へ生まれ変わるなどのご利益があります。

青森県むつ市ある日本三大霊場で、これまで体験したことのない不思議な体験をできる場所になっています。

パワースポットとしては珍しい“無”のパワーを得ることができ、新しい自分に生まれ変わることができるご利益があります。

これまでの自分とは違った自分になりたい方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

-青森

Copyright© 全国パワースポットガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.