kiyomasanoido

東京

明治神宮「清正の井戸」のご利益とアクセス、口コミと行ってきた感想

更新日:

明治神宮と言えば、毎年多くの初詣客で賑わう有名な神社です。

明治神宮を訪れる参拝客は、初詣のみならず、年間を通じて増えてきており、海外からの観光客にも人気があります。

最近では、神社の敷地内にある『清正の井戸』がパワースポットとして取り上げられる事が多いです。

では、実際に明治神宮のどの場所で、どのようなご利益があるのか、またアクセスや口コミなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

明治神宮「清正の井戸」のご利益

『清正の井戸』の写真を、携帯の待ち受けにして持ち歩くと、願い事が叶うとされています。

戦国時代の武将、加藤清正が掘ったとされる横井戸で、富士山と皇居を結ぶ線上にある水脈から湧き出る水は、風水的にとても強いパワーがあるとされています。

明治神宮「清正の井戸」のアクセス

車の場合

首都高速4号新宿線、代々木ICより約5分ほど。
原宿口、代々木口より境内に入る事ができます。

無料駐車場は約100台ほどありますが、土日祝日は大変混雑するので、平日に行く事をおすすめします。

電車の場合

原宿口へは

JR山手線「原宿駅」
東京メトロ千代田線、副都心線「明治神宮前駅」下車

代々木口へは

  • JR山手線「代々木駅」
  • 都営地下鉄大江戸線「代々木駅」
  • 東京メトロ副都心線「北参道駅」下車

参宮橋口へは

小田急線「参宮橋駅」下車

明治神宮「清正の井戸」に行った人の口コミ

良い口コミ

  • テレビで見るよりも実物の井戸の方がきれいで神秘的でした。
  • 神聖な空気に触れられる良い場所でした。
  • 人気のスポットだけあって、行列ができていました。
  • 明治神宮自体がパワースポットと言われてますが、清正の井戸はさらに気が強く感じられる場所でした。

悪い口コミ

  • 連休に行ったら、すごい混雑で、外国人観光客が多かったせいか、観光地化した雰囲気が残念でした。
  • 混んでいて、写真を撮るだけで精一杯。ゆっくり見る事ができませんでした。

役立つ口コミ

  • 休日は、かなり混み合います。行くなら平日がおススメです。
  • 平日でしたが何かのイベントと重なったせいか、無料の駐車場はすでに満車でした。
  • 近隣のコインパーキングも探すのが大変でした。電車での参拝をお勧めします。

 

人気があるパワースポットである事は間違いありません。

人を引き寄せる場所である事、つまり、ご利益があるということになると思います。

スポンサーリンク

明治神宮「清正の井戸」に行ってきた感想

まずは、パワースポットの大元である明治神宮で参拝を済ませ、『清正の井戸』に行ってみました。

井戸は、御苑の中にあります。

維持協力金として500円を支払い、御苑の中を散歩しながら井戸へと進んで行きます。
 

途中、美しい庭園や森林、池などがあり、それを見るだけでも、心が落ち着いてリラックスした気分になります。

休日でしたが、行った日がとても寒かったせいか、井戸の周辺にそれほど長い行列はありませんでした。

清正の井戸

清正の井戸2

やはり、井戸の写真を持ち歩くためでしょうか、ほとんどの皆さんは、一人一人、携帯で写真を撮っていました。
 

もちろん、私も携帯で写真を撮りましたが、後ろに並んでいる方の視線がプレッシャーとなり、あまりゆっくりできず、写真を撮るだけで、拝んだり、願掛けをしたりする事ができませんでした。

井戸へ行った後、私は写真が撮れたことだけで満足してしまい、待ち受けにすることを忘れて過ごしていましたが、一緒に行った主人は、しっかり待ち受けにして過ごしていました。
 

それからしばらくして、ごく普通の会社員だった主人に、ある会社から引き抜きの話が来ました。

その会社とは、主人があこがれていた大きな会社からの話でした。

話は、良い方向に進み、時間はかかりましたが、無事にその会社に就職する事ができました。
 

振り返ってみると、やはり清正の井戸のパワーのおかげだったのでは?と思ってしまいます。

主人は、その写真を今でもずっと持ち続けています。

きっと、そういう体験を持つ人がたくさんいるから、パワースポットとして人気があるんだなと思いました。
 

明治神宮「清正の井戸」にこれから行く人へのアドバイス

清正の井戸が、パワースポットとしてよく紹介されますが、明治神宮自体も神秘的な力を持ったエリアだという事を忘れないでいただきたいです。

神聖な場所に入る訳ですから、基本的な神社の参拝の仕方や、マナーは大切にしましょう。

直接、清正の井戸を目指すのではなく、明治神宮を参拝し、心と身体を清めてから、井戸に行く方が、よりご利益があると思いませんか?

それと、天気が良い日に行く事をおすすめします。

雨が降っていては、井戸の水面がきれいに見えません。

待ち受けとして、いつも見るものですから、ぜひキレイな写真を撮りましょう。

明治神宮「清正の井戸」のうんちく

その昔、徳川家康が、江戸幕府を開く際に、富士山から流れる気を、甲州街道と東海道から集め、江戸城に流れるように都市設計をしたと言われています。

清正の井戸がある明治神宮がある場所は、その気の合流地点になっているとされ、風水的にも運気の流れがよい場所となっています。
(そのことから、『縁を結ぶ場所』としても知られ、明治神宮においては、結婚式を挙げるカップルも多いことで有名です。)

つまり、この清正の井戸も、富士山から流れる水脈、水流とともに、運気も授かり、井戸から水があふれ出ているわけです。

スポンサーリンク

さいごに

井戸の水面の神秘さや、それを囲む森林や境内のたたずまいは、行ってみないと実感できません。

井戸を囲む御苑をゆっくりと散策するだけでも運気のパワーを感じることができます。

できるだけ混雑する日を避け、天気が良い晴れた日に行くと、キレイな井戸の写真が撮れます。

それを持ち歩くことで運気があがり、あなたの願い事がかなう日がいつか来るかもしれません。

-東京

Copyright© 全国パワースポットガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.