青島神社

宮崎

青島神社のご利益とアクセス、口コミと行ってきた感想を紹介!

更新日:

青島神社といえば縁結びで有名な神社ですよね。

恋愛運を高めたい!彼氏が欲しい!結婚したい!縁結びの神様にお願いしたい事が沢山あるのではないでしょうか?

今回は青島神社のご利益やアクセス、口コミなどを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

青島神社のご利益

  • 縁結び
  • 安産
  • 航海安全

などがあります。

ここは日本神話に出てくる山幸彦こと彦火々出命(ヒコホホデミノミコト)と豊玉姫(トヨタマヒメ)の夫婦の神様を祭っているため、縁結びや安産に御利益があるといわれています。

また海の神様である塩筒大神(しおづつのおおかみ)も祭られているため航海安全などにもご利益があるそうです。

青島神社のアクセス

電車の場合

JR青島駅から徒歩で約15分

車の場合

宮崎ICから日南方面へ約15分(国道220号線)
宮崎駅から約25分

青島参道入口周辺に有料駐車場あり

青島神社に行った人の口コミ

良い口コミ

  • 社殿の朱色と海の青とのコントラストがきれい
  • 南国ならではの植物があり楽しかった
  • 神秘的で厳かで感動した
  • 有名な鬼の洗濯岩も近くで見れる

悪い口コミ

  • たくさん歩くので疲れる
  • 夕方に行ったら薄暗かった
  • 真夏に行くと直射日光と海風で髪や顔がべたべたなる

役立つ口コミ

  • 初詣に行くと駐車場が少ないので混雑するが普段は空いている
  • 途中から砂利道になるのでベビーカーではいけない

 

冬は風が強いときは寒いので上着が必要青島神社は周りを海に囲まれており、神社までは橋を渡って海辺を歩いて行きます。

その為、夏は直射日光が、冬は海風がネックとなるようです。

しかし帽子や上着を準備したり、時間帯を考えれば十分楽しむことが出来ると思います。

スポンサーリンク

青島神社に行ってきた感想

まず、参道入口周辺にはたくさんのお土産屋さんがあります。

カフェやレストランもあるので休憩や食事もできますよ。
 

私は着いたときはもうお昼前だったので、先に食事を済ませてから参拝することにしました。

ちなみに宮崎名物のチキン南蛮が美味しかったです。
 

腹ごしらえを済ませたら、いざ出発!お土産屋さんのある通りを過ぎると、目の前に海が現れます。

青島神社

青島神社2

ちょうど夏の天気が良い日だったので、海辺には海水浴を楽しむ家族連れや若者がたくさんいました。
 

青島まで橋が延びているので橋を渡ります。

この時点で、帽子も日傘も持ってこなかったことを後悔しました。

海なので影もなく暑くてたまりません。

夏に参拝される方は帽子や日傘の準備が必要です。
 

海をみると鬼の洗濯岩があり近くまで行って見ることができます。

ごつごつしているので鬼の洗濯岩を見るときにはヒールのある靴は滑るので注意です。
 

青島神社の鳥居

鳥居をくぐると左手のほうに朱色の社殿が見えてきます。

海と空の青に、建物の赤、植物の緑がとてもきれいです。
 

まずは本殿で参拝を済ませます。

すると右のほうにジャングルに続く小道のようなものが見えます。
 

実はこの小道の奥に『夫婦ビロウの木』があり、そこに様々な色のこよりを結ぶと願い事が叶うと言われています。

青島神社-夫婦ビロウの木

1本200円なので私もお願い事をして結んできました。

もちろん縁結びに効果のあるピンクを選びました。

他にも黄色は商売繁盛、紫は心身健全、緑や白などがあり、お願い事の種類によって色を選ぶみたいです。
 

他に『天の平瓮』というものがあり、お願い事を唱えて小さな素焼きのお皿を磐境に投げ入れ、入ると願い事が叶い、割れると開運厄払いになるそうです。

私はしたことがなかったのですが、何度も青島神社に参拝している母によると『小皿を投げてお願いしたことは今のところ全部叶っている』とのことです。

次に参拝した時には私も投げてみようと思います。

青島神社にこれから行く人へのアドバイス

『夫婦ビロウの木』と『天の平瓮』は小道の先にあるので少し見つけにくいかもしれませんが、本殿に向かって右手に入口がありますので、忘れずに是非行って見て下さい。

感想でも述べた通り、夏は帽子や日傘が必須です。

そして遮るものないので冬は上着が必須です。

またたくさん歩くので歩きやすい靴と服装がいいと思います。

どうしても歩くのが大変な方や歩くのに自信のない方にはお土産やさんの通りから青島までトゥクトゥク(三輪タクシー)という乗り物が利用できるので利用するのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

青島神社のうんちく

青島神社には、日本神話に出てくる山幸彦こと彦火々出命(ヒコホホデミノミコト)と豊玉姫(トヨタマヒメ)の夫婦の神様と、海の神様である塩筒大神(しおづつのおおかみ)が祭られています。

青島神社は海に囲まれた南国の神社のため、他の一般的な神社とは違い境内は南国の植物に覆われています。

古くから青島自体が神聖な場所と崇められていたため、昔は一般の人は入ることが出来ない島だったそうです。

島の周囲は1.5Kmあり、一周ぐるっと歩いて回ることもできるそうです。

さいごに

縁結びといえば青島神社ということで私も参拝しました。

実は2回参拝し、一回目の参拝の後、彼氏と出会いました。

二回目の参拝はその彼と一緒に行ったのですが、その後その彼と結婚することが出来ました。

きっと青島神社に参拝し、ピンクのこよりを願いを込めて結んだおかげかなと思っています。

最近恋愛運が不調だな、彼氏が欲しいな、と考えているそこのあなた、是非訪れてみてはいかがでしょうか?

幸せなご利益があなたにもありますように。

-宮崎

Copyright© 全国パワースポットガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.